*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指導員:A先生
検定コース:第1コース

卒業検定の前は、なかなか落ち着かなかった。
普通にやれば大丈夫だと、みんな言ってくれるんだが、その普通ができないレベルの人間なので厄介だ。

予定外のことが生じるとパニくるタイプなので、準備でなんとかなることはできるだけ潰しておきたい。
コース間違えたとか、そういうことは検定の前からリスクを減らしておけるはずだ。

検定では、教習所に行ってからコースを指定されるため、第1,第2のどちらになるかは事前にわからない。
もっといっぱいコースのある教習所もあるみたいだが、幸いここは2コースだけ。
両方暗記することにした。
第1コースは、先に練習を始めたコースではあるが、第2コースよりも若干距離が長い上に、課題が分散して出てくるので難しいイメージ。
練習期間は短いが第2コースが当たって欲しいな、という希望。

いつもの通り15分前に教習所に行った。
前日からの降雪で街には雪が積もったが、教習コースは既に除雪されていた。角の日陰に水たまりがあるが、凍ってはいないから検定はできるとのこと。コース脇のそこここに雪が溜まっているが、踏む部分ではないのでまあ大丈夫なのだろう。
はみ出して滑らないように気をつけよう。

最初にミーティングルームで説明を受ける。
検定中止事項の説明。減点の説明。
事前に勉強してきたことと同じ内容であるため、うんうんと頷いて聞いておく。
コースが示された。
SSは、第1コース。

「第1かぁ。」
若干残念ではあるが、まあこれはもちろん想定内。
そこからは第2コースの一切を忘れ、第1コースの図に集中することに。
第1コースは、スタート→坂道→一本橋→クランク→S字→スラローム→踏切→急制動→ゴール という課題の順序。
やはり中盤の低速3連チャンがポイントか。

検定用のビブスを着ける。いよいよ開始だ。
バイクに跨り慣らし運転。短い直線を行ってくるだけだ。
緊張してきた。

『じゃあバイクをスタート地点に停めてください。』
いよいよ来た!
落ち着けー。落ち着けー。
スタート地点にいったん停めて降りる。
『いつも通り走れば大丈夫ですから。みきわけOKだったんだから、検定も問題ないはずです。がんばってくださいね。』

先生の合図で、バイクに手をかける。
ハンドルを立てる。スタンドをはずす。フロントブレーキを握る。ハンドルを右に切る。前後を確認しながら跨る。リヤブレーキを踏む。ハンドルを戻す。
最初にならったことを思い出しながら、慎重に乗車。
ミラーを合わせる。エンジンスタート。合図を出して周囲を確認。1速に入れて半クラでスタート。
発車は問題なかった。
ぐるっと逆のストレートまで走って車線変更。坂道を上る。中腹で止まる。ブレーキと半クラッチを駆使して坂道発進。なんとかクリア。すぐに左折。左折したら5mぐらいですぐにT字路の一旦停止を左折。

ピピピピピー!
笛が鳴った。
びっくりして先生の方を振り返る。と同時に悟った。
しまった!早くもやらかしてしまった。コース間違い。ここはまず右折だった。その後、一本橋を終えて再度このT字路に来たときが左折だ。あれだけ時間かけて覚えたのに・・。情けない。

コース間違いは減点にならないので、気を取り直して先生の指示を仰ぐ。
半周回ってやり直しらしい。

減点にはならなかったものの、唯一自信のある分野であった“コースの覚え”での躓きは、少なからず動揺を与えた。
心臓の鼓動は早いままだ。
「関係ない。やり直せば減点でもない。問題ない。」と自分に言い聞かせる。
ゆっくりしているわけにもいかないので、すぐにコースに戻って、次の課題へ向かう。
お次は一本橋。
これも苦手な方だが、クランクやS字に比べたらまだマシだ。最近はけっこうゆっくり乗っていられるようにもなった。
乗り口を速めに入って、しっかり乗ってからスピードを落としても十分だ。アクセルは多めに開ける。シャフトのジャイロ効果が多少でも助けてくれるはず。
もし少しぐらい早く下りてしまっても、減点になるだけで検定中止になるわけじゃない。
大丈夫だ。

手前を直角に曲がって一本橋のスタートラインに着く。

あ。

やってしまった。
停止線で、若干斜めに停めてしまった。
これをびしっとまっすぐ止められるか、入口で曲がった名残で斜めになってしまうかではかなり難易度が違う。難易度以前に気分が違う。
『やべー。』
しかし停めてしまったものは仕方がない。これぐらいの斜めでも、乗り口でちょっとふらつくぐらいでいつも乗れているではないか。
大丈夫だ。

コース間違いの動揺も冷めやらぬ間に、またしても不安要素を抱えてしまった。かなりどきどきしているのがわかる。落ち着こうとしてもなかなか静まらない。
『では、どうぞ。』ストップウォッチの準備が出来て、先生が促す。もう暇はない。
しゃーねー。行くか。

半クラでスタート。ぶぃぃん。
上り口の斜面に前輪を合わせる。
斜めからのスタートなので、一本橋にまっすぐ入るのが難しい。前輪の先に集中する。上り口に入る。
「えぃっ!」
上った。

バイクが左に引き寄せられる。ハンドルでバランスをとろうとする。修正できない。焦った。クラッチを握ってしまった。


ごっとん。


落ちた・・・。


『ハァ~!!?』
ストップウォッチを見つめるA先生。
『びっくりして思わず止めちゃったけど、1秒なんて初めて見た!』


一本橋、・・・落ちた。

1秒で落ちた。

練習でも見たことの無いような最速タイムを叩き出した。


悔しいやら恥ずかしいやらでうなだれているSSとは対照的に、先生はストップウォッチ片手に楽しそう。

『これ、みんなに見せよ♪』



こうして、【一本橋を1秒で落ちた男】は生まれた。
DSC01085.jpg


不本意ながらも、伝説達成。


スポンサーサイト

指導員:S先生
教習項目:補習

悲劇の一本橋落下から1週間後。卒検不合格者に課せられる1時間の補習を受けた。

とりあえずは、1時間みっちり苦手項目を復習することになった。
とはいえ、SSにとってはほぼ全部が苦手項目。
まずは憎き一本橋と、同じく低速走行項目のS字・クランクを重点的に復習。

最初にこれらの課題を教わったときに言われたポイントをもう一度整理。
とにかく言われたことが出来てないに違いないので、一本橋では、ニーグリップ、目線を遠くに、ブレーキよりクラッチで減速、びびるな、ということを心がけて練習した。

S字・クランクでは、やはりニーグリップ、目線を一つ先のカーブに、半クラとアクセルの加減、びびるな、ということを心がけてやってみた。

やはり検定と違って緊張感が少ないせいか、どれもまずまずで出来ていると思う。
SSにとって一番重要なのは、『びびるな』という部分か?

もうひとつ、苦手なスラロームも繰り返し何度かやってみた。
少し遅い気はするが、まあ及第点でしょう。

最後に第1コースと第2コースを繰り返し走って、あっという間に1時間の補習は終わってしまった。

これでまた卒検か。大丈夫か?俺。

3日後に卒検の予約を入れて帰宅。

残りの2日はひたすらコースを頭に叩き込むことに専念した。



指導員:Ko先生
検定コース:第2コース

補習から3日後の火曜日。
仕事を午前休して検定に臨んだ。
今度こそ。

この日は、同時に検定を受ける人がもう一人。教習中にもなんどか一緒になった人だ。
Ko先生は、実はセット教習でしか当たったことがなく、SSの下手さを直接知らない先生だ。
『普通に乗れば合格できますから。』と軽くアドバイス。

普通に乗って1秒で一本橋から落ちたんですがね。

今回は第2コースが検定コースになった。
SSは2番手で受けるらしい。
コースはもう十分頭にたたき込んできた。
あとは落ち着いて乗るだけ。ビビるな、俺。
大丈夫だ。第2コースの方がやりやすいはず。

前の人がスタートした。
彼は難なく課題をクリアしてゆく。
緊張してはいるようだったが、無難にゴールまで戻ってきた。
よし、いいぞー。
俺も続こう。

慣らし運転をした。

周囲を確認してバイクに跨ったところまでは覚えているが、そのあとは必死だったのか、あまり記憶にない。
ただ、あまり問題もなく課題を終えることができた。

あれ?なんで前回ダメだったんだろ?

できてしまえばあっけないもの。

そうだよな。練習ではできるんだもん。

まだ、合格したわけではないのだが、とりあえずはほっとした。


校舎に戻って、2人で発表を待った。
SDSには電光掲示板などという気の利いたものはない。
先生が直接『おめでとう』と言いに来る。

SSの場合は『残念でした』だったが・・。


今回は、『じゃ、二人ともあっちの部屋に行ってて』と言われたので、最初に説明を受けた部屋で待機。

間もなく先生が登場。
『今日は、おめでとうございます。』
と言って、いろいろな書類をくれた。
え?合格っすか?合格っすよね?

やった。
念願の二輪免許がようやく手に入った。
1か月ちょっとだったが、凹むことが多かったので長く感じた。
特に最後の3日は、この瞬間が待ち遠しかった。

合格から免許証交付までの流れや、初心者の心得について講義を聴いて解散。

やりました。
これで、晴れてバイク乗り。



SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。