*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この日、ようやく免許証を交付してもらったことを報告に、「火星」へ行った。
「火星」は、SSが仙台に来て数日後には知り合いの伝手でお邪魔していたショットバーで、マスターは以前某バイクメーカーにお勤めだった、現在ハーレー乗りのナイスガイ。ここではマーズさんとお呼びすることにしましょう。
当然SSが教習に通っていることも知っているし、そもそも免許を取ろうとした動機の大部分もマーズさんの存在にあった。そういうわけで、ようやく形になった免許証を携えて火星に飲みに行ってみた。

さて話は前後するが、この火星さん、最近店舗が移転したのだが、同じビルには先に入居している居酒屋さんがある。そこはマーズさんの古くからの友人で今も一緒に仕事をしているMBOさんのお店。
マーズさんとMBOさんは大の仲良しで、休日の遊びなども一緒のことも多い。
しかし、10代からバイクに乗っていて一時は職業にもしていたマーズさんに対し、MBOさんはバイクには一切関心なし。ここだけは好みが分かれるようだ。
そんなMBOさんのお店が「てなんご」という鮪料理中心の居酒屋。SSはここにも最近よくお邪魔している。SSの中では、「てなんご」で食事&ビール&日本酒→「火星」でビール&たまにモルトウィスキー という流れが確立されつつある。
最近もよく「てなんご」のカウンターに座って、MBOさんに話の相手をしてもらいながら過ごしていたのだが、その中でSSがバイクの免許を取りに行っていることも話していた。
『俺バイクってほんと興味無いんだよねー。』とMBOさん。
『だけどねー、SSが免許取りに行ってんの聞いたら、中免ぐらい持っててもいいのかなって思うようになってきたんだよねー。』
SSも、「念願の」とは言いつつも、もともとバイク好きの人ほど興味があったわけではないので、気持ちはわかる。
『ほらー、それになんかこういうときにでもとっとかないと、一生取らないからさー。別にいいんだけど。』
取るんだか取らないんだかわからない状況だが、まあ、多少興味があるのは確かだろうな~。
こんな感じで、何度か足を運んでいた。

話は戻って、5月末日。
数日前に交付されたばかりの免許証を持って、遅い時間に火星へ行った。
すると、仕事あがりのMBOさんが、火星さんでお疲れビールを飲んでいるではないか。ちょうどいい、報告(自慢)しようと思って、しゃきーん!と免許証を出すタイミングを窺っているとマーズさんが
『SS、見てみ。』とMBOさんの手元を指す。

そこにはなんと、『普自二』の文字が輝くMBOさんの運転免許証が!!!

なにぃ~~~!!いつの間に!?
いや、マジでいつの間に???

『え?え?なんで持ってるんスか??いつの間に??』とプチパニック状態のSSを見て、にやりとしながらMBOさん
『いやー、SS、とってきたよ。今週。』

今週?
確か一、二週間前にてなんごに行ったときは、教習に行ってるなんてひとことも言ってなかったのに。さては内緒で行ってたな?

『取れるもんだねー。6日で。』

はぁ~!?6日て!合宿免許かよ!

『いや、ほら、僕らみたいな仕事は平日の昼間とか、どかんと予約入れて乗れるからさ。3時間ずつ毎日乗ってたら、一週間かかんなかったよ。』
だそうだ。

SSは、1か月以上かかったのに・・。
卒検一回落ちてるのに・・。
免許になるのに半年かかったのに・・。

やっぱできが良い人はちがうんだな~。



スポンサーサイト

免許はとったものの、すぐにバイクを買う気もなく、どうしよ~かな~などと言っていた。このままだと、今年はバイク買わずに終わってしまいそうだ。
今年買わないと、来年も買わなそうだ。
来年買わないと・・・。となりそう。ボーナス出たら買おうかな。やめとこうかな。

なんか、熱は冷め気味。なんか煮え切らない。

6月中旬だったか、SSがてなんごに行ったとき、MBOさんが『昨日マスターくんとバイク屋行って見てきたんだよねー』と。
え?興味ないって言ってたじゃないですか。
『うん。それほど興味ないからさー、こういうちょっと盛り上がってるうちに買わないと、一生買わない気がしてさー。』
自分もそんな気がしていただけに、素直に納得。
「で、どんなの買うんすか?」
『俺の体型だったらアメリカンしかないんじゃない?』
たしかにMBOさんはかなり体が大きい。ちびっこのSSにはうらやましい限りだ。
アメリカンに乗ったら似合うだろうな~。
逆に、山バイとかレーサーはちょっと違和感あるかな。。

話を聞くと、バイクに詳しいマスターや、てなんごのお客さんでバイク屋さん関係の方々に聞きながら、いろいろみてみるとのこと。
なんか、いいなぁ~。
『SSも買えって。僕たちみたいなのは盛り上がってるときじゃないと絶対買わないから。みんなで買ってみんなでツーリング行こうよ。』

MBOさんにのせられて、バイク熱、再燃。


それからは、これまでに無いぐらいの頻度で「てなんご」と「火星」へ通った。やっぱりバイクの話をしたくなったんだろうか。
MBOさんはお知り合いに聞いて、実際に何度も中古屋へ足を運ぶことでバイクを探している。理想的ではあるが、現在、足のないSSにとっては、ちょくちょく中古屋へ行くことも難しい。
そういうわけで、SSは「Goo Bike」でお目当ての車両を検索。
実は、「もし買うなら」ということで、冬から見てきた中で、何台か狙っている車両はあった。

今すぐ現金で支払える範囲で、という条件を自分で設けていたので、あまり高いバイクは買えない。最初はやはりZZR400とか欲しかった車両を当たってみたが、人気車種だけに中古でも高い。
そういうわけで、最初はあまり頭になかったタイプのバイクが浮上してきた。
最有力は、YAMAHA SR400。
コストパフォーマンスが高く、30年ものロングセラーだけあって、部品も多く、乗っている人も多い。
もう一つは、HONDAのCB400SS。
SRを意識して投入されたモデルなのか、意外にそれほど古い車種ではないそうだ。
しかしレトロ間溢れるシングルスポーツで、使い勝手も良いらしい。
スタイル的にはSRよりもこっちの方が好みだ。
CB400SS0.jpg

これらは今まで意識もしていなかったが、現実に「買う」ということになると、値段の制約の中で良いところが見えてくるようだ。
そしてあてにしていた、夏期のボーナス。
いちおう、予想通りの額で、買えないことはない。
これで条件は整った。あとは腹をくくるだけ。

そんなとき、てなんごでMBOさんが浮かない顔をして話し始めた。
『昨日さぁ、知り合いの勤めてる全国ネットの中古ショップで欲しいバイク見つけてもらったんだけど、契約の話してる最中に売れちゃったらしくてさぁ。なんか、冷めちゃった。やめっかな?
「いやいやいやいや!MBOさん、俺に火つけといてそれはないでしょ。今買わずにいつ買うんですか。俺、もう欲しいのも決まってるし、近々見に行きますよ。買うつもりで。」
『そうだよなー。僕たち、こうやってお互いのせいにしながらじゃないと、買わないからなぁ。あ、見に行くなら、連れてくよ。いつ行く?俺は買わないけどね。
こんな感じで平日休める日に、バイク屋へ連れてってもらうことに。

さて、ほんとに買うのか? 俺。


SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。