*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ずいぶんとご無沙汰しました。
やはり冬にはほとんどバイクに手つけられなかった。
2月などはほぼ1か月、ずっと駐輪場に放置。
駐輪場の管理業者さんから『生きてますか?』と連絡が来る始末。

3月に入り、もうちょっと乗ろうと思いながらも、3月はやはり繁忙期。
なかなか時間がない。
この日も、「どうせ終電で帰れないんなら、バイクで行ってしまえ」的な感覚で会社に乗って行くことにした。

ちょっとかかりにくくはあったが、なんどかキックしたらエンジンは始動。
とりあえず安心。
しばらく暖機して、出発。
この日はまずまず余裕のある時間に家を出たので、慌てることなく出発。

台原の駐輪場を出て、駅前の交差点へ。
「ん?」若干ではあるが、回転数が上がりにくい感じ。
ど素人のSSのことなので、「ま、気のせいだろ。寒いし。」ぐらいに思ってリスタート。

台原入口(仙台泉線のT字路)を左折。
次の信号で信号待ち。
前には軽自動車が一台。
後ろにも軽自動車が一台。
すり抜けをするつもりはないので、車線の中央左寄り(左の轍に入るぐらい)の位置に停車。
信号が変わるのを待つ。
横の信号が赤になり、正面の信号が赤から青へ。
前の車が動き出す。
「さて。」アクセルを捻ってクラッチを戻す。出発。

ぷすん。
「あ。」

久々のエンスト。
やっぱちょっとふだんより弱いのかな~などと思って歩道に寄せようと思った瞬間

メリッっ!

軽い衝撃とともに、何かが塑性変形する音が・・。

追突しやがった。

後ろにいた白い軽自動車だ。
とりあえず、歩道に寄せて事後の対処をしようとしたが、その車は普通に走り去って行きやがった

いや、エンストした俺も悪いけどさあ、一応事故だぜ?
恥ずかしいやら腹立たしいやら複雑な心境だったが、エンジンがかかるかどうかの方が気になる。
確認すると、後ろのフェンダーからナンバーのあたりが若干ゆがんでいる程度。
まあしょうがないか。
それよりもエンジンエンジン。
もういちど慎重に、キック。

ぶるん。

「あ、普通にかかった。」

結局、しばらくは弱弱しいままだったが、いちおうその後は止まることなくSS30まで到着。
ん~、やっぱしばらく放置するといろいろあるね。

停めてからもう一度よく見てみると、フェンダーの下の反射板が完全に曲がって下向きに・・。
これはさすがに直さなまずいな。
090324_追突


いろんな意味でショックな1日だった。


スポンサーサイト

翌日、今度はもっと慎重にエンジンを温めてから出発。
しかし感覚的にはそれほど違いの無い感じで職場まで到着。
大丈夫かな?

深夜3時半。
仕事が終わって、放置してある国際ホテル前の歩道へ。
タイミング的に撤去はないだろうと思っていたが、やはりちゃんと停まっていた。
当り前だがちょっと安心。
深夜は冷えるので朝よりも時間をかけて暖機。
長めにアイドリングしてしまって、ご近所のみなさんごめんなさい。

そろそろ良さそうかなと思って、国際ホテルの前からバイクに跨り、人もチャリも全くいない歩道を数名メートル移動。
交差点から車道に出る。

はずだった・・・。


突然前方から回転灯を回したパトカーが接近。
「そこのバイク、すぐ降りてくださ~い」

えええええ~~!?
この数メートルでぇ?

まったくツイてない。
こんな時間まで働かされた上に、こんなどうでもいいことで捕まって
とっとと寝たいのに・・。

近づいてきた警察官に免許証を見せて2,3職務質問を受ける。
『まあ今回は注意にしときますから。
そりゃそうだろ。

『じゃ、持ち物見せてください。危険物とか持ってないですよね?
持ってねーよ!

小ぶりなショルダーバッグを渡してチェックさせる。
『ん?この硬いの何ですかね?ナイフとかじゃないですよね?
違げーよ!携帯に決まってんだろ。

『あ、携帯ですか。まあ、危険物なんて持ってないですよね。』
・・・。

どうやらこっちが本命の取り締まりだったらしい。

しかし一応『新聞屋さんにも厳しくしてるんですよね~』と言い訳をしながらも、さんざん人を危険人物扱いして去って行った

疲れが倍増した。

そしてもう一度エンジン始動。キック。

「ん?」

かからん・・。
なんてことしてくれてんねん。
一回かかってから止めるともっとかかりにくいんやぞ!

焦りながらも事件現場で渾身のキックを繰り返す。
アイドリングをかなり高めにして、何度目かの挑戦でようやく始動。
止まるのが怖いので、アイドリングの回転数は高めのままようやく出発。

疲れがさらに倍増した。


しばらく走って、広瀬通りを過ぎるあたりでまたもや異変が。

「ん?ん?」

なんだか動きがおかしい。
と思った直後、走行中にエンスト。
事前に左わきに寄っていて良かった。
とりあえず三越前の歩道に停めて、再度キックを試みるが、うんともすんとも言わない。

「もしや、ガス欠?」と思ってタンクを確かめるが、やはり入っている。
念のためリザーブにしても結果は同じ。
もうこれ以上がんばる気力も失せていたので、そもままバイクを押して勾当台公園の地下駐輪場へ。

駐輪場に預けて徒歩とタクシーで帰宅した。



疲れがさらに倍増した。

都合8倍。

ひどい2日間だった。


SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。