*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


翌日は7時に実家を出発した。

両親の反応はウスウスだったが、出発時に御隣の小学生の男の子が興味津津にバイクを見ていたのがせめてもの救いだった。

国道19号線から地元の街の中心部を撮影。
短い滞在だったけど、サヨウナラ~。
20090809岐阜035

最寄りの道の駅「賤母」。
どうやら「しずも」と読むらしいが、地元ながらちょっと前まで読めなかった。
20090809岐阜038

往きは、宮城→福島→茨城→栃木→群馬→長野→岐阜 というルートだったが、帰りは日本海周りで、岐阜→長野→新潟→山形→宮城 というコースにしよう。

長野県に入ったら、松本までは往きと同じ19号線、松本からは147~148号線で安曇野、白馬と北上して、新潟の糸魚川に出ようと思う。

まずは大桑村で給油。
20090809岐阜039

その先の上松町にある『寝覚めの床』という木曽路一の景勝地を見て行くことにした。
19号線沿いに流れている木曽川の渓谷で、岩河床が削られてできた地形が見事な場所だ。
要するに、厳美渓のミニチュア版だな。
中央本線の車窓からも見られるが、じっくり見たことはなかったので寄って行くことにした。

公園が整備されていたので、バイクを駐車場に停め、
20090809岐阜040
案内板を見て散策ルートを確認し、
20090809岐阜041

さて、行こうかなと、すぐ隣の散策路入口へ向かうと・・・

『床が抜ける恐れがあるため、進入禁止
20090809岐阜042

直せよ。上松町。
唯一の観光資源だろ。

仕方ないので、少し進んで19号線沿いのドライブイン駐車場から見ることにした。
見下ろすだけになるが、これはこれで綺麗だった。
20090809岐阜043 20090809岐阜044

ついでに山とバイク。
20090809岐阜046

木曽川も、河口では愛知岐阜三重にまたがる大河川だが、木曽路まで遡るとこんなもんだ。
20090809岐阜050

9時頃、寝覚めの床を出発。
塩尻、松本を越え、ルートは安曇野方面へ。

実は安曇野へ来るのはたぶん人生初。
素通りするだけだけど、感慨深いな~。

天気も良く、景色も安曇野っぽい。
いや、勝手なイメージだけど。
20090809岐阜054

木崎湖のほとり、稲尾駅。
20090809岐阜057

そして白馬。
長野オリンピックを思い出すな~。
白馬の道の駅で休憩。
20090809岐阜058

白馬だけに、白馬。
20090809岐阜061

景色は最高。
20090809岐阜060

これはバイクも一緒に撮影せねば。
20090809岐阜062

この旅のベストショット☆
20090809岐阜063

12時半に白馬の道の駅を後にし、糸魚川へ向かう。
新潟県まであとちょっとだ。

[いい加減どうよ]
スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。