*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指導員:O先生
教習項目: 円滑な発進・加速

2時間目から1週間も開いてしまったことと、1,2時間目で自分の下手くそさに打ちのめされたため、この1週間はみっちり復讐した。
とにかく、苦手なことがなぜできなかったのか?どうしたらできるのか?できる方法のイメージトレーニング。こいつを繰り返した。
ネットで、同じようにセンスが無くても頑張っている教習生のブログを見て励まされたり、解説サイトでバイクの構造を勉強したり、中古車情報を見て気持ちを盛り上げたり・・。

いよいよ3時間目。
前回とは別の先生。
『今日は、発進、走行、停止をスムーズに行う練習をします。』
まずはタンデムで簡単なコースを走る。外周では40キロまで速度を上げ、カーブ手前で速度を落とし切り、立ち上がりで加速し、信号で停車し、また発進する。この繰り返し。
何度もやっているうちに、だんだん慣れてきた。
40キロ出すのは最初から問題ないし、カーブでの減速・加速もたぶんOK。信号待ちの停車も無難にできるようになった。

今回心がけたのは、前回の反省と1週間の勉強で学んだこと。
・ニーグリップをしっかりする(これは聞いたことなかった)
・クラッチは根元に近い方を握る
・アクセルは(気持ち)ドライバーを回すように握る
・ハンドルではなく全身でバイクを操るイメージで(あくまでイメージ)
・靴を変える(前回はオーバーサイズの靴でつま先が余っていた)
たぶん、反省と勉強のたまものだろう。
なかなか良い感じで走ることができた。

続いて、片側二車線の幅をいっぱいに使って8の字の練習。速度を等速に保つのと、バイクを倒した分に見合ったアクセル開度を身につけるのに役立つ。らしい。
が、コレ、苦手。
先生の後を追っているつもりが、膨らむ、コケそうになる、足をつく。
ん~、やっぱりアクセルが苦手。
スピードが落ちすぎると倒れるので、見合った分だけ速度を上げないといけない。
が、クラッチを戻して調整すべきところを、アクセルをふかしてなんとかしようとするものだから、ぶいん!というだけで車体は起きず。ふかしすぎた瞬間、焦ってクラッチを握るから、さらに速度が落ちるという悪循環。
そんな状態でふらふら8の字を走り続ける。
アクセル、むずい・・。

おっと、忘れてました。ドライバー握り。
握り方を意識して「一定に。一定に。」唱えるように気を配って曲がると、おっ?できた!
次も同じようにやってみる。またできる。

この時間、なんとかアクセル一定の走行ができるようになった。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。