*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東北道の築館IC手前あたりで左折。
その後伊豆沼を越えたあたりまでは理解していたが、その後はどこをどう走ったのか。
とりあえず看板目当てに走って、いったん停車。

正面に進むと志津川、右折すると石巻という看板のところで、『まっすぐ行く?』とマスター。
『おいおいおい、志津川だよ?右折だろ。』とMBOさん。大賛成です。
そこで直進したら本気で一泊コースですもんね。

その交差点を右折したら、新しくできたらしい広々とした道路。
右手には水田が広がり、左手には少し奥に山が聳えている。交通量も少なく、すれ違ったのは大型のトラクターが1台。
天気がよくて最高に気持ちよかった。
個人的にはこの日一番のスポットだ。
バイクの良さって、こういうところなんだな。
一人で行っていたら、停まって写真を撮って来たところなんだが、残念。

登米市中田町の石越を通って、石森に入る。石森。ん?石森?
そうだ!
目前に突如現れた仮面ライダー。
そう。ここは石ノ森章太郎生誕の地、石森。
石巻には漫画ロードとか石ノ森萬画館があるが、ここ中田にも『石ノ森章太郎ふるさと記念館』なるものがあるとは知らなかった。
DSC00726.jpg

当然のように、大きな子供たちは目を輝かせて駐車場に吸い込まれていく。
駐車場でバイクを停めたら、SSは恒例の撮影を開始。
しかし彼らはまったく待ってくれず、一目散に記念館に。
DSC00728.jpg

ぱしゃぱしゃと写真を撮った後、SSも慌てて後を追う。
記念館の壁面はこんな感じ。
DSC00724.jpg
DSC00725.jpg


受付でお姉さんからチケットを購入。
すぐ右手の原画展示コーナーへ入ってゆく。
原画は痛むので撮影禁止という貼り紙があった。残念。
記念館に寄せて数々の著名な漫画家から贈られた、板に描いた漫画とサインがずらりと並んでいた。マスターは、やはりモンキーパンチの作品を見て感動していた。

奥へ進むと、よく知らないマンガの原画が多数。
有名な作品の陰には、これだけたくさんの作品が生みだされていたんだなと、ちょっと感動。

いちばん奥には、なんと仮面ライダーの等身大フィギュアに、仮面ライダーのバイクが!
そして一角には、人造人間キカイダーの実写テレビ番組で実際に使用した衣装や着ぐるみがあるではないか。
DSC00723.jpg
DSC00722.jpg
みんなで大はしゃぎだった。

原画展示コーナーを出て、常設展示会場へ。
石ノ森章太郎の日常使っていたものなど、昭和初期を偲ぶいろいろな品が並んでいた。
MBOさんが食い入るように見ていた原画をのぞくと、角にローマ字のサインがあった。
「S.Onotera」
『本名は小野寺さんだったのかな?』MBOさんは本名に興味があるよう。
帰りがけにMBOさんが受付のお姉さんに質問してきた。
我々はさきに出て、外のベンチで一服していたら、MBOさんがすごい笑顔で登場
『聞きたい?聞きたい?』

受付で聞いてきたMBOさんの話では、やはり本名は小野寺章太郎で、実家のある場所(つまりココ)が石森(いしのもり)という地名。
それで、石森の章太郎ということで、石森章太郎(1985年に石ノ森章太郎に改名)にしたということらしい。
なるほど。レオナルド・ダ・ビンチとおなじ感じか。

ひとつトリビアをゲットしたところで、門の方へ向かう。
門の手前の売店に入ってみる。
仮面ライダーグッズなどが揃っていて、最初MBOさんは息子さんに仮面ライダーのソフビ人形を買おうか迷っていた。
結局ソフビはやめて、なぜか「仮面ライダー辛味噌」を購入。
そこは客商売の方、営業トークに使えるからと、お土産で5個も買っていた。

外に出て、門の正面4軒目のお宅が、石ノ森章太郎の生家だそうだ。
せっかくなので見ておくことに。
なんだか普通にりっぱなお宅だった。
DSC00717.jpg

ようやくバイクに戻って出発。
DSC00716.jpgDSC00715.jpg
DSC00714.jpgDSC00713.jpg

ずいぶんゆっくりしてしまったが、まだ帰り道は長い。
気がつくとあれだけ晴れていた空が黒い雲で覆われ始めていた。
急いで出発し、登米を抜け、北上川沿いに南下。
ようやく石巻が近付いてきた。
途中、特に休むことも迷うこともなく石巻到着。
さすがにもう誰も石ノ森章太郎漫画館へ行こうとは言わなかった。

石巻の街中を抜ける手前で、いったんコンビニへ。
黒雲はまだ頭上には来ていなかったが、さすがに陽が傾きかけていた。
DSC00711.jpg
DSC00709.jpg

水分補給した後は、ケータさんがグラストラッカーに給油。その間3人は休憩。
DSC00708.jpg

MBOさんはマスターのハーレーに跨ってコンビニの広い駐車場内を走行。
半ヘルにサングラスでハーレーに乗った大きな体は、どう見てもアメリカ人だった。


コンビニを出発し、国道45号をひたすら南下。松島を通って普通に仙台へ戻ることに。
矢本の飛行機を右に見て、少し前にバイクで来た野蒜海岸を左に見て、またまた来ました松島海岸。
松島ではなぜかマリンピアのところでいったん休憩。
特に疲れたわけでもないけど、なんとなく、ね。日本三景だし。
DSC00705.jpg

マリンピアの裏の道路わきに4台を停め、一回バイクを降りる。
DSC00707.jpg

マスターはなにやらプラグをはずして磨き始めた。
調子悪いんかな?
でも旅先で、自分のバイクをいじれるのって、かっこいいよね。
DSC00702.jpg

MBOさんは、CB400SSとグラストラッカーに跨って遊んでいる。
やはりMBOさんが乗るとどっちも原チャリに見えてしまうのが怖い。
DSC00704.jpg
DSC00703.jpg

『ちょっと走ってこようぜ。』と言いながら、ヘルメットをかぶってSSのバイクへ。
『SSもそいつ(シャドウ)で一周してこようよ。』
え~!マジすか?怖いっす。
人のバイクなんて乗れません。
しかもアメリカンなんて乗ったことないっす。
などと思っている間にもMBOさん発車。

仕方なく後を追う。
イグニッションがどこにあるのか迷いながらもなんとかエンジン始動。
おっ。やっぱりいいねぇ。
軽く走ってみると、これが快適快適。
アメリカンって、いいね。

マリンピアの正面の45号線は大渋滞だし、通りたくないので、少し先でUターンしてこようと思ったら、なんと一方通行。
うあー。仕方なく押して戻ることに。
MBOさんと二人でバイクを押して戻ったら、マスターとケータさんに笑われた。

マスターのメンテが終わったところで、先ほど我々がUターンしてきた当たりにある食べ物屋さんへ。
おとうさんひとりでやっている。海鮮串焼き。
DSC00701.jpg
みんなで、ホタテやらサザエを注文。おとうさんが
『サービスすっから』と言って、ツブ貝の串焼き4本も付けてくれた。ありがとう!
DSC00700.jpg

しばらく食べながら休んで、いよいよ最後の出発。
時刻はもう6時。
DSC00706.jpg

飲食店をもつお二人は、休憩中にスタッフに連絡していたらしい。
土曜日だけど、こんな時間まで遊んでて大丈夫ですか?

松島海岸を後にし、最後はSSが先頭を走りながら仙台へ。
45号線を行くだけだから迷いもしなかった。
最後の集合場所は台原駅。
駅前のセブンイレブンの前でいったん停まり、「お疲れ様でした!」を交わして解散。
SSはそのまま押して台原駅のマイ駐輪場へGO。

長い一日。本当にお疲れ様でした。


と思ったが、よく考えたらマスターとMBOさんはこれからお仕事だった。
ホント、恐れ入ります。

帰宅したSSは、シャワーを浴びてちょっと寝ようと思ったら、翌朝まで目を覚ますことができなかった。

お疲れ様。でも、最高に楽しかった。


一日が長かった。約200km。新記録樹立。


【この日の走行距離:約200km】
スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。