*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指導員:A先生
教習項目:車の取扱,自動車の機構と運転装置の取扱,乗車姿勢

二輪小屋前。15分前集合。
荷物を置いて、ゼッケン付けて、ヘルメットかぶって、手袋はめて、裾のバンドつけて、雨ならカッパ借りて、SSの場合メガネを忘れないように。
斜めに停めてあるバイクを、校舎向きに出して停める。バイクはシルバーのHONDA CB400SF。第1段階はこれに乗るらしい。サイドスタンドを立てた後は、ハンドルを左に切っておくこと。
次にセンタースタンドを立てる。サイドスタンドよりやや後方にペダルがある。左手はハンドルで、まっすぐになるように支える。右手はシートの下あたりを持って引き上げる感じ。そして右あしでスタンドに乗って全体重を掛ける。このとき、車体が左寄り(自分寄り)になっていると、スタンドの両方の端が接地していないので上がりにくい。
先生の教えの通りやってみたが、一回ではできなかった。
『もっと右に傾ける感じで』と言われてそのとおりやってみると、グイッという感じで立てることができた。原理を考えながらやることが大切なんだな。

ちなみにこのセンタースタンド、SSは体重が重いうえに脚の力も強いので、けっこう楽に立てることができたが、女の子などは軽いので立てづらいと思う。こういう人はSSよりももっとうまくテコの原理を使って上げなきゃいけないので、たいへんだ。そんなことからも、小柄な女性ライダーがバイクに乗っているとそれだけで尊敬してしまう。

センタースタンドでバイクを立てたところで、乗車前点検。先生がなにやら黒板に書き始める。「ブ タ ト ネン シタ」。???
これが最低限の点検項目らしい。
ブ:ブレーキ
タ:タイヤ
ト:灯火器
ネン:燃料
シタ:下回り
まずはブレーキ。前ブレーキを握って遊びと効きしろを確認。右足のリヤブレーキも同様に踏んで確認。こんなもんか?
タイヤはまず減り具合を確認。バイクは四輪と違ってタイヤの減りが事故に直結するので、早めに交換すること。『タイヤけちって死んだらつまんないからね。』と先生。ごもっとも。あとは異物が刺さっていないか確認。表面の埃に指で印をつけて回すと一周がわかりやすい。ナルホド。
後輪はセンタースタンドで浮いているからそのままで回せるが、前輪は接地している。そこで、前輪にまえから跨ってライトをお尻で押し上げる形で前輪を浮かせる。これで同じように前輪も点検。
灯火器類チェックのためにキーを回す。ヘッドライトは見りゃわかる。フロントブレーキ握って点灯を確認、リヤブレーキを踏んで点灯を確認。ウインカー(フラッシャーとも言うらしい)は左右に動かして確認。後なんだっけ?バックはないし・・・。以上か。
次は燃料。バイクには燃料計のついていないものも多いとか。教習車のCB400SFにも無い。「どうやって確認するんですか?」『ゆすって。』え!?と言いながらも両ハンドルを握ってバイクを左右にユラユラ。『中でチャポチャポいってれば燃料は入ってるから。』そりゃそうでしょうけど・・。なんだか大味なもんなんですね。バイクって。『もし目で見たければキー抜いてタンクの蓋開ければ見えるけど、暗いからって、間違ってもライターで覗かないでね。』ええもちろん。ガソリンは揮発性ですからね。可燃性ですからね。爆死したくないですからね。
最後は下回り。『とりあえずいろんな継ぎ目から液体が漏れてないかチェックして。』液体とは、ガソリンとか冷却液でしょうか。
というわけで、ブタトネンシタ一通り完了。

<引き起こし>
『じゃ、起こしますか。』と言いながらバイクを左に倒す先生。どうやら起こす練習のようだ。『このバイク何キロぐらいあると思う?』知らん。「ん~、500kgぐらいですかね?」とテキトーに答えてみる。先生苦笑。『500kgもあったら起こせないな~。』どうやらコイツは180kgぐらいだそうだ。そっか。冷静に考えて、このサイズで500kgは有り得んな。ふ~ん、なんだ。曙より軽いのか。
全盛期(何の!?)にはスクワットで140kgのバーベルを上げていたSS。180kgのバイクを起こすぐらいは余裕だろうとちょっと安心。
まずは先生のお手本。スッとしゃがんであっという間にサクっと起こしてしまった。あ、よく見てなかった。『じゃやってみて。』えーっと、確か左手でハンドル持って、なんとなく腰を落として、右手は、あれ?どこだっけ?とりあえずシートの下にでも入れとけ。
えいっ!
あれ?ぜんぜん動かない。う~ん、う~ん。力ずくで上げようとするが、びくともしない。
みかねた先生からアドバイス。『ハンドルは下に向けて、右手はシート下のパイプ掴んでいいから。前に体重あずけるような感じで。』そのとおりやってみる。おっ、ちょっと浮いた。
『そしたら膝を車体の下に入れるような感じで、 勢いよく起こして。』
あ、できた。ぎこちなくサイドスタンドを立てて終了。
ん~、なんだかアドバイスをもらいつつも、力ずくで立ててしまった気が・・。ま、起こせたからいいか。

<取り回し>
 続いてはスタンドを上げて8の字コースのあるあたりへ。取り回しの練習らしきものを開始。バイクって、押して歩くだけでずいぶん疲れるのね。なんだかフラついたり、やけに重く感じたり。原因はたぶん、バイクが垂直に立っていないことかな。自転車を押すときの癖で、つい車体を自分の方へ少し倒してしまう。自転車みたいに軽くないから「うぉっ!倒れる!」と焦って押さえたり、逆に倒れそうになって必死に堪えてみたりして。
 『じゃここに並べて停めたらサイドスタンド立てて、ハンドルは左向きにしてね。』

 基本、ハンドルはまっすぐ。
 乗り降りや、跨って停車中には若干右向き。
サイドスタンド立てたら左向き。
このハンドルの向きが、この日一日の鬼門となるのだった。

【その2へ続く・・】
スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。