*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指導員:A先生
教習項目:見通しの悪い交差点の通行など,安全な速度と車間距離

この日連続2時間目。
前の時間と休憩時間に教わった、大げさ目のアクセルを使った半クラを意識して、もう一度クランク・S字へ。
ぶおんぶおんふかしながら半クラでそろ~りと走る。
なるほどー。こういうことか。
アクセルを多めに開けた方がゆっくり走れる。なんだか目からウロコ的な気分だ。
ぎこちなくはあるが、パイロンに触れることも、出口で大回りすることもなくクリア。
『さっきよりずっと安定して見えますよ。』
うん。俺もそう思う。
検定ではアクセルの開けすぎは減点対象だが、まず半クラッチを体で覚えるまでの間はこれでよかったのかも知れないな。
ふかしすぎは減点!ということだけ頭にあって、弱々しい半クラになっていたんだろうな。

コースに出た。
クランク・S字・坂道はアクセルぶぉんの半クラで無事通過。
が、今度は急制動についてチェックが入った。
『40キロちょっと切っちゃってるし、エンブレもかかってませんよ。なんか忙しい感じしませんか?』
「はい。加速からブレーキまでに余裕がないような気がします。」
『じゃ、ちょっと見ててください。』
と、見本を見せにスタート地点へ移動。
発車してすぐセカンド、カーブの立ち上がりから一気に40キロまで加速、サードに上げる、40キロ定速でパイロンへ突入、そのまま前後ブレーキで停車の直前にクラッチ。
う~ん、やっぱ先生はスムーズ。
『わかりました?何が違うか。』
「一定速度の時間が長いんですかね?」
『そうなんですよ。SSさんの場合、カーブが終わってから加速して真ん中あたりで40キロにするから、そのあとサードに入れた直後にブレーキポイントに来てしまって、慌ただしくなってしまってるわけです。』
確かに先生はカーブを出たらもう40キロになっていて、すぐにサードに入れてたな・・。
自分の場合、サードに入れるのが遅いからサードにしてまたアクセルを開けなきゃいけなくて、ブレーキとアクセルの間隔がほとんど無くなってしまっている。
だから慌ただしくなってしまっているのかなと。
いちおうラインまでには止まれているんだが、なるべく減点されない方が良いので、スムーズにできるように心がけよう。

その後また2周ほどしたらもう時間切れ。
早めにバイク小屋に戻って、次回からの第2コースの紙を渡されて終了した。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。