*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指導員:A先生
教習項目:安全走行

『じゃ、跨ってー。』
いよいよバイクに乗るときが!原付以外のバイクに乗るのは初めてなのでちょっと感動。同時に緊張。
『オレ、足着くんかいな・・?』
そうです。SSは背が低く、足が短いのです。着かない気がします。とりあえず跨ってみる。
『あー、乗るときの順序は、ハンドルをまっすぐにして車体を起こす。スタンドを上げる。フロントブレーキを握る。ハンドルを右に切る。後方確認。またがってリヤブレーキを踏む。ハンドルをまっすぐに戻す。ね。』
言われるままに乗車。
『足つく?』「ん~、片方しかつきません・・。」『片方着けば大丈夫だから!』ホントかな~。なんか不安。

『じゃあゆっくり発車してみて。』
え?いやいやいや、目の前、壁ですが・・?壁というか、コースの仕切りになっている山。『まちがって急発進しちゃっても、ぶつかって止まるから大丈夫だから。』いやいやいや、大丈夫って、なにが?ぶつかったらあかんでしょ。怖いこと言う人だな~。ま、突進しないようにがんばろう。
『原付と違ってパワーあるからクラッチは慎重に離すように。』はい。
 アクセルをブインとひねって3000回転ぐらいで安定させる。まずこれが難しい。何とか安定したら徐々にクラッチを離す。ゆっくりゆっくり動き出す。おー。走ったよ。
 壁の前で完全にクラッチ切って止まり、足先でよちよちとバック。最初の位置(2mぐらいなもんですが)からまた発進。何度か繰り返したところで『外周行くよ~。着いてきて~。』 え~!もうですか?とう焦りと、教習所内とはいえバイクで走れるワクワク感が入り混じって複雑。なんて考えてる間もなく先生スタート。あ、待って!と慌てて発進。エンストはしなかったものの、アクセルの回しすぎでグインとバイクが前に飛び出す感じに。怖っ!とか思っている暇もなく、先生を追いかけてセカンドにギアチェンジ。クラッチを切って左足でペダルを踏む。グッ!
あれ?ビクともしない。あれ?あれっ?とプチパニックに。
「あ~~!セカンドはペダル上げるんだった!」
以前乗っていた原付はYAMAHのYB-1というギア付きのバイクだったが、これがロータリーというタイプの、踏みっぱなし((踏)→1(踏)→2(踏)→3(踏)→4(踏)→N(踏)→1・・・)のギヤチェンジだったので、その癖がついていたのだ。
 ずいぶん長い間ローでひっぱってしまってようやくセカンドに。
と思ったらニュートラルやんけ!!
なんでローとセカンドの間にニュートラルがあんねん!
なんでローだけ踏んで入れんねん!
と、初めからわかっていたにもかかわらずハマってしまったギヤ構造のややこしさに逆ギレ。
なんとか外周を回って、また8の字コースに戻った。
『どうでした?』「いやー、ギヤの入れ方で混乱しました。あと、クラッチがへたくそでした。」
『クラッチはゆっくりつないでね。アクセルは最初は回しすぎぐらいでもいいから。』
半クラ下手なんだよなー。原付だとパワーがないから半クラが微妙でもなんとか走ってくれるんだが、さすがに400CCだとパワーが違うからごまかしがきかないようだ。

今度は停車時。
アクセル戻してリヤブレーキで減速してギヤを落として、リヤブレーキで止まるつもりで。最後に止まるのはフロントブレーキ。減速→停車も、距離が短いとパニクリ気味。ギヤチェンジに気が行ってるとブレーキがおろそかになったり、慌ててフロントブレーキ握ってしまってつんのめりそうになったり。
減速時のギヤチェンジは一方的に踏むだけなのでロータリーと同じ。これはすぐ慣れたやっぱり車体が重いのでブレーキの方がうまくいかない。もっと早めに減速するべきなのだろうか。
停車したら、足が短いSSは足つきが心許なく、無意識に左に車体を傾けて、ハンドルもやや左向きになってしまう。これは自転車の癖かな?
『ハンドルまっすぐ!』すぐに先生から指導の声。
は、はい・・。気をつけます。
もう1周走ってまたギリギリ停車。ほっと気を抜くと、『ハンドル前!』
は、はい・・。
外周を4,5周回ったところで1時間目終了。
バイク小屋へ戻って休憩。温かいお茶を飲みながら先生と雑談。どんなバイクに乗りたいかとか、教習所の卒業生でツーリングに行った話とかで盛り上がる。
まとめとして、『原付との違いに戸惑っているようなので、まずは中型に慣れてください。』だそうです。
そうですよね。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。