*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


腹ごしらえができたところで出発。
SSとKTAさんは、アメリカンのお二人よりタンクが小さい上に前日までに給油しているので、そろそろガソリンが心配。
CB400SSの燃費は、安全側に考えて20km/Lだとすると、タンクが11L、リザーブは3L弱なので約160kmで給油が必要な計算。
ここまでで140kmぐらい走っているし、間もなく給油した方が無難。
次にあったガソリンスタンドに入ることを確認して出発。

マスター先頭で出発。
すぐにスタンドがあったがスルー。あれ?

しばらく走って、ガソリンスタンド発見。当然入ると思ったら、またスルー。あれ?

小国町へ入って山道が続く。
いくつかのトンネルや田舎道を越えて、しばらく行くと小国町の中心部へ出てきた。
前方にJOMOを発見。
今度こそ入ってもらわねばと、前を走るKTAさんと先頭を走るマスターにわかるように大きく手を振って左を指差した。

が、軽くシカト

もう前に並んで訴えねば、と思ったところで次のスタンドに入ってゆくハーレー。
ほっとしながら給油開始。
『スリルあったでしょ』とマスター。
いやいやいやいや。そんなスリルはいりません。

給油してみると5リットル程度しか入らなかった。まだ半分以上残っている。
意外に燃費良かったんだな。燃費は30km/L以上だったことになる。
確かにここまで160キロ、ずっと順調な走行だった。SSやKTAさんのバイクは車重が軽い上に単気筒なので、そもそも燃費は良いはず。
あらためて考えれば20km/Lという見込みは明らかにビビりすぎだったか。
その辺を見越してのマスターのいたずらだったようだ。
勘弁してくださいよ~。

無事給油を終え再出発。
【道の駅 白い森おぐに】をスルーし、少し峠っぽい山道へ。これが小国峠かな?
山の中で新潟県に突入。やってきました新潟県。

途中、赤芝峡という景勝地を通った。荒川上流の渓谷で、岩がごつごつした感じは厳美渓に近い景観で美しかった。
渓谷の上を米坂線が通っている赤い鉄橋が架かっているため、鉄っちゃん達が1眼レフを構えていた。
その先には岩船発電所の取水堰があり、広い水面を見ることができる。龍の髭トンネルという物々しい名前のトンネルを通って、関川へ。
ここで一気に平地に出た。

【道の駅 関川】もスルーし、走りやすい113号をさらに西へ。
村上市に入ると、新潟っぽい景色(何が)になった。
胎内市に入る手前で国道7号線に左折して合流。あとはひたすら南下して新潟市を目指すだけだ。

国道7号線に入ると海が近いせいか、非常に明るくなった。気温も高い。
さすがは1桁国道だけあって、交通量は多いが道幅も広く走りやすかった。
暑い中ではあったが、快適に走行できた。

新発田市に入るあたりで、いったんコンビニ休憩。お昼の飯豊からここまで休憩なし(給油はあったが)はちょっと長かったかな。
DSC00955.jpg
各々コーヒーを飲んだりアイスを食べたり一服したりと小休止。
ここでSSはペットボトルの水を補給。
DSC00954.jpg
今回は、マラソン用のウェストポーチを装着してきた。
これは別に高速道路用に持ってきたわけではなく(結果的に重宝したが)、前回米沢で熱中症だか脱水症だかに見舞われた教訓から、こまめな水分補給が必要と判断。
持ってきたのは、マラソン練習中に給水できるように、ペットボトルがすっぽり入るウェストポーチ。
これなら走行中でもちょっとした信号待ちなどでこまめに水が飲める。
この日は朝から、休憩のたびにペットボトルの水やスポーツドリンクを補給してきた。
暑かったけどここまで快調に来れたのも、このポーチのお陰かもしれない。


さて、新潟は目の前だ。

7号線に戻ると、新発田の市街地を避けたバイパスになっていた。
新発田ICが出現。ここから高速道路のような様相を呈してきた。
両側2車線~3車線の自動車専用道路になり、周囲のスピードも上がる。しばらく行って聖籠町というかっこいい名前の町に入る。
さらに進むといよいよ新潟市に突入。ここからは7号線が直線になる。
右手にJRA新潟競馬場を見ながら南下。
阿賀野川を渡ってさらに直線道路が続く。

このあたりから車線は3車線になり交通量が一気に増える。のろのろ運転になって急激に眠気が襲ってきた。
「寝たら死ぬ。寝たら死ぬ。」と呪文のように唱えながら何とか正気を保って、紫武山ICからバイパスを降りて西へ。こっちが7号線で、バイパスを直進すると国道8号線に変わるらしい。
7号線を海の方へ向かって走る。とうとう来ました新潟市。

新潟駅前で停車して記念撮影。
DSC00950.jpg

この時点で15時過ぎ。9時に集合場所のミルキーウェイを出たから、ここまでで約6時間。
新潟も意外に近いもんだな。


その後、若干迷いながらも繁華街の中にあるホテルの位置を確認してから、先にガソリンスタンドへ。明日に備えて先に給油しておくことに。
ホテルへ取って返して、向かいの駐車場へ駐車。

ここでようやく往路が終了した。


【この日の走行距離:約230km】
スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。