*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新潟のホテルに到着後、チェックインを済ませて各自の部屋へ。この時点で16時。
時間は早いし、やはりみんな疲れていたが、『寝たら夜が長くなるから』というMBOさんの的確な予測が採用され、シャワーを浴びたら17時に集合。
時間は早いが新潟の夜の間へ繰り出すことに。

『20万円ぐらい持ってきたから、ニョ(=女=新潟娘という意味らしい)のところ行くよ!』という、本気とも冗談ともつかない言葉を発しながらMBOさんが先頭で外の世界へ。

『ニョ』はさておき、とりあえずは居酒屋的なところで新潟の味を堪能しましょうということで、探索開始。

さすがは政令指定都市新潟。繁華街と思しきアーケード街は立派で、仙台よりも随分大きな街に見える。
人通りは多くないが、浴衣の女性が多い。夏らしくていいね。
マスターがコダマ薬局へ入って行った。
ウコンの力を買ってみんなで飲んだ。やる気満々じゃないですか。
マスターはまだ何か探している。どうやらスティックのアミノバイタルが欲しかったようだ。SSも一緒に店内を探したが見つからなかった。
諦めきれないマスターは店員の女性に絡んでいたが、きっぱり「ありません」といわれて断念したようだ。

途中、道端で岩鬼に出会った。最近、夏子はんとめでたく結婚した彼だ。
なんでこんなところにいるんだろうと思ったら、どうやら水島新司が新潟の出身らしい。
石巻のマンガロードみたいなもんかな。
DSC00949.jpg



本町中央市場【人情横丁】という看板を見つけた一行は、吸い寄せられるようにそちらへ。
少し前まで仙台の消えゆく横丁でお店を開いていたマスターとMBO さん、横丁を目の前にして黙ってはいられません。
本町中央市場と言われる一角に行ってみたが、ほとんどがシャッターを下ろしていた。
時間が早いせいだろうか、日曜日でお休みのせいだろうか。
DSC00948.jpg


アーケードを歩いていると不思議なローソンを見つけた。ローソンって青じゃねーの?
そうか、ここは新潟。ローソンもアルビレックスカラーなんだな。妙に感心してしまった。
DSC00947.jpg


結構な距離を歩いてみたが、どこにでもあるチェーン店的なところ以外は開店していない模様。やはり日曜日なのがネックか。
確かに街の規模に比較して、明らかに人通りが少ない。

MBOさんとマスターがたばこを買うために酒屋さんへ入った。ついでに飲み屋も聞いてみようということで。
MBOさんが店員さんに聞いてみた。
『どこか居酒屋さんか何かないですかね?』
「あ~、今日あんまりやってないんですよ。」
『やっぱ日曜日だからやってないんですか?』
「それもあるけど、今日お祭りなんでねー。」
どうやらこの日は新潟祭りの最終日、花火大会だったらしい。そういえば昨夜マスターがそんなこと言ってた気がするな。酔っ払っててあんま覚えてないが。
花火大会だから浴衣の人がたくさん歩いているんだ。納得。
「あ、お祭りだから特別に開けてるところありますね。電話してみますよ。」と、知り合いのお店に電話してくれた。「やってるそうですよ。」
酒屋さんは新潟マップ的なチラシをくれて、そこにお店の場所を描いてくれた。


少しあるいて、おしゃれな外観のお店を発見。【ソウズ】というお店。
なかなか有名なお店らしい。
DSC00943.jpg

店内もきれいで居心地も良さそう。店員の対応も感じが良い。
この時間でも、すでにカウンターには7,8名のお客さんが着いている。
我々4人は座敷席のいちばん奥へ。
DSC00946.jpg


全員でまずは生ビールを注文。MBOさんとマスターはアイスビールにしたいらしく、別途氷を注文。
店員さんは嫌な顔もせずに持ってきてくれた。
DSC00945.jpg
お疲れビールで乾杯。今日は疲れたけど楽しかったですね。
メニューに、【アラバチメ】という聞いたことの無い魚の名前があったので、焼きで注文してみた。
見た感じメバルのような魚で、美味しかった。アラバチメは地方名だろうが、どんな魚なんだろうか、気になった。
後で調べてみたら、キツネメバルのことを佐渡でアラバチメと呼ぶらしい。
やっぱりメバルなんだ。

いろいろ注文したが、どれもなかなか美味しかった。
DSC00944.jpg


3時間近くもいただろうか。会計を済ませて店員さんに、またこの質問。
『どっか、バーみたいなところやってないですかね?』
店員さんも悩んでいたが、一軒思い当ったらしく、教えてくれた。
しかしそこは、花火が終わってから営業するとのこと。それって、常連しか相手にしねーんじゃねぇ?

せっかく教えていただいたので後で行くことにしたが、まだ花火は終わっていない。
ソウズさんの外に出てみると、この場所からも花火は綺麗に見えた。
DSC00942.jpg

いちおうバーの場所確認と、もしやっていたらラッキーぐらいな気持ちで教えてもらったバーへ。やはり21時オープンの張り紙。
なら花火見に行くべ。
というわけでタクシーに乗り込んで『花火会場のできるだけ近くまで』という無茶な注文。
運転手さんもなるべく近くまで行ってくれたが、結局なんだか中途半端なところで通行止めになっているらしい。
『出店ぐらいあるんじゃね?』
という我々の思惑を裏切って、一軒の出店も路面店も無い。
観客は飲み食いもせず、おとなしく座って見ている。
DSC00938.jpg

たぶん、もっと会場の近くに行かないとダメだな。とは思ったが、会場がわからない。タクシーに連れてきてもらったのもここが限界ということだったし。
しょうがないので、交通整理をしている警備員に聞いてみた。
「メインの会場って、どうやって行くんですか?桟敷席みたいなのがあるような会場は。」
『あ~、こっち来ちゃうとずいぶん遠いよ。ぐるっと回り込んで河原の方へ行かないといけないし、車は通れないし。』
そうですか。そういうことね。
諦めて引き返すことに。
今度はタクシーを拾って「新潟で一番の繁華街まで。」
連れて来られたのは、なんと宿泊しているホテルの目の前。やっぱりここだったのか。
いちばんの繁華街と言われたのでそのあたりをぐるぐる回ってみる。

そういえばさっきもここ回ったよね、などとぶつぶつ言いながら徘徊。
『案内所で聞けばバーとかもあるんじゃないの?』
「いや、あってもキャバクラぐらいですよ。」
そんな会話を繰り返しながら何度目か同じ通りに達したところで、
『もうそこの焼鳥屋で良くね?』とMBOさん。
そうしましょう。いい加減歩き疲れました。

店に入るといかにもローカルなお客さん達のいかにもローカルな会話が飛び交っている。
我々はテーブル席に通されて、よせばいいのにまたしても大量の料理を注文。
飲み物は、いいちこをボトルで入れて、水割りで。

22時は過ぎただろうか。いいかげん、足も胃袋も肝臓も疲れ切ったところでチェック。
外に出てからはもうバーを探す気力もなく、コンビニでちっちゃいボトルのウィスキーとソーダなどを購入。MBOさんの部屋で締めよう。

コンビニの外に出ると、待っていたマスターが『さっきのバー、もう一回行ってみない?』との提案。
買っちゃった飲み物やつまみをどうしようかと迷ったが、とりあえず持って行っちゃえ。ということで、先ほどのバーへ。いや、持ってっちゃダメだよね。
バーへ行ってみると開店はしていたが、やはり満席。常連さんでいっぱいの模様。
諦めてホテルへ戻り、MBOさんの部屋で飲み始め。
お疲れの模様のマスターは途中でダウン。3人でマスターのベッドまで運んで安置。
DSC00937.jpg

戻って3人で軽く飲んで終了。

翌日に備えて就寝したのが0時頃だったか。


最後は若干締まらない感じだったが、初めて新潟の夜を体験した。
仙台の国分町なら日曜日でも路面は必ず空いてるんだが、新潟の人は日曜日はきちんと休むんだな。
うん、正常な街だ。


次は日曜日以外に来たいな。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。