*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



指導員:O先生
教習項目:交通の状況及び環境に応じた運転,高度なバランス走行など

この時間と次の時間、連続教習。
2時間目には、いよいよみきわめ。

『じゃ、この時間各課題を一通り見てから、コース回って最後にみきわめしますね。』
ん~、今までかなりきわどい状態が、お情けでハンコをもらっていた。
しかしみきわめとなるとそう簡単にはいかないだろうな。
緊張しながら教習スタート。
点検をしてセンタースタンドを戻す。戻す。戻す。戻・・・・らない。
右手がいつもと若干違う位置を掴んでいたため、体重を乗せにくかったらしい。
幸先悪いスタート。
前回セットで一緒になったAT教習生の兄ちゃんと二人、先生について慣らし運転。
2,3周したところで
『じゃあSSさんは2ケツで見るから、第1コースやって。』
え、やっぱりタンデムですか?
第1段階でもタンデムでコケて散々な目にあったんですが・・・。
先生、コケたらすいません。

とりあえず課題は大丈夫だろうと、普通にコースへ。
坂道。なんとかクリア。
一本橋。・・・・・・落ちた。
止まってやり直せば良いのか迷っていると、
『そのまま行って~。』
焦るSSに次を促す。
40km/h指示速度とコーナー。なんとかクリア。
クランク。よろよろながらもなんとか出口まで。
が、途中でやはりヒザをカニばさみされた。ハ、ハイ・・・。ニーグリップですよね・・。
S字。鬼門の出口。なんとかクリア・・・と思いきや、足着き。
ここで先生降車。
『じゃあ、あとスラロームと急制動だから、降りて見ます。』
スラローム。なんとかクリア。でも、タイムは微妙。
踏切と交差点。なんとかクリア。
急制動。なんとかクリア。
ゴール。疲れた。

あ~あ。
ダメだなこりゃ。

『じゃあ、あとは第2コースで練習しててください。』
と言い残して先生はAT車の兄ちゃんの指導に行った。

次の時間、みきわめの本番なのにこのザマではだめだな・・。

自分の下手くそさに落胆しながらバイク小屋へ戻った。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。