*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



指導員:O先生
教習項目:教習効果の確認(みきわめ)

とうとう最後の教習。

に、なれば良いのだが。2段階のみきわめ。
すんなり合格したい気もするし、全然走れてないからもっと練習したい気もする。
複雑ではあるが、伸びるとお金もかかるので、やっぱりおまけでもOK欲しいな。

慣らし運転が終わって小屋に戻る。
『一回、第1コースと第2コース、通して走りますか。』
了解です。

第1コースを周る。
やっぱり苦手はクランク・S字だな~。うまく行く時はいいが、いかない時はかなり不安定。言われたことをきっちり思い出してやれば大丈夫なんだけどな。

次は第2コースを周る。
苦手な部分も含めて、まずまずな感じでクリアできた。検定もこうありたい。

『だいたい良いみたいですね。あとやっぱり低速が苦手みたいなんで、半クラッチとアクセルの練習しといてくださいね。』
と言い残して先生はどこへやら消えて行った。
とりあえずコースをテキトーに周りながら、一本橋を何本か繰り返してみたり、坂道で半クラの練習してみたり。
ん~。

良く考えると、もし今回みきわめがOKなら、後は検定でコース1周乗って終わり。
それでもう一般道へ放り出されるわけだ。
そう考えると怖くなってきた。
こんなんで路上出ちゃダメだよな・・・。
後半は苦手克服の練習にも力が入った。

先生がどこやらから戻ってきた。
『最後に練習しておきたい課題あります?』
「やっぱ、クランクとS字ですかね。」
『じゃあ、この時間いっぱい、クランクとS字の練習しててください。』
残りの時間はクランク・S字をぐ~るぐる。
なんとかコツはつかめた気がした。

バイク小屋へ戻ると
『検定はもう申し込みました?』
へ?だってまだみきわめ終わってないし・・・。「まだです。」
『明日卒検の日ですけど、受けます?』
「いや、やっぱ平日はつらいっす。」
『そうですよね。仕事ありますもんね。じゃ、土曜日にしますか。』
「そうですね。19日で申し込みます。」

あれ?もしかしてこれ、この会話、みきわめはOKってこと??

O先生優しい~!

というわけで、2段階のみきわめまで終わった。
結果的にここまで1時間もオーバーなしで来たが、ここでは二輪でオーバーする人はまずいないらしい。
そうだよね。俺でもOKくれた先生方だもん。


帰り際に卒検の申し込みを済ませて、最後の教習から帰った。


スポンサーサイト


この記事へコメントする















SS。(えすえす)

Author:SS。(えすえす)
こんにちは。『えすえす。』です。
いろんなものがSS。
呼び名がSS(しんしん)。
元職場のビルがSS(SS30)。
交通手段がSS(SendaiSubway)。
身長がSS。足のサイズがSS。体重だけLL。
人間の器がSS。肝っ玉もSS。そのくせ態度だけXL。
でも名前の由来はもちろん愛車。
CB400SS。はじめてのバイク。
週末にはバイクに跨り、バイクにいたぶられて、くじけ続ける日常を、恥を承知で曝します。

住所:宮城県仙台市
出身:岐阜県中津川市
年齢:34
性別:漢
趣味:ツーリング,釣り,飲み
特技:検定中止,坊主,外道,紛失
歴史:
 生まれ→高校:岐阜県中津川市,大学→大学院:岩手県盛岡市,空白の3年間:岩手県盛岡市,社会人→落武者:宮城県仙台市

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。